radiangames Fluid 特集

webbox_radifluid.jpg

radiangamesの最新作が登場

 『radiangames JoyJoy』、『radiangames Crossfire』、『radiangames Inferno』と、見事な作品をインディーズゲームで公開しているradiangamesをご存知だろうか。先月の2010年10月22日に、そのradiangamesシリーズ最新作である、『radiangames Fluid』の配信が開始された。値段は80マイクロソフトポイント。

radifluid_01.jpg
新作タイトル画面
 今までは細部こそ違うものの、大枠で見ればすべてシューティングというジャンルであった。しかし、今回は一風変わった内容となっており、インディーズゲームのジャンル分けではレース & フライトに所属している。厳密に言えばアクションだと思われるのだが、とにかく内容を見ていこう。

ゲームルール

radifluid_02.jpg
ステージ選択画面
 この作品では、画面中央にいるオタマジャクシのようなキャラクターを操作していく。まずはステージ選択画面で1を選んでみよう。

radifluid_03.jpgradifluid_04.jpg
レベル1
 ルールは至極簡単。画面上に存在する丸をすべて取得すればクリアとなる。ただし、一度取得した丸は赤い敵へと変化してしまう。連中はこちらに向かってくるので、うまく避けなければならないだろう。触れられてしまうとその時点でミスとなってしまうが、いくらでもリトライが可能。

radifluid_06.jpg
クリア時の評価
 そして、見事すべての丸を取得すると、そのクリアタイムによってメダルの評価が与えられる。適当に遊んでいる場合、最高の評価を得ることは難しい。ただし、ステージごとにきちんと解法が用意されているので、それを見極めるようにしていくといいだろう。そして、答えが用意されている故に、この作品はレースというより、攻略方法を見極めるアクションゲームに近いのである。

radifluid_05.jpg
タイムトライアルステージ
 また、もうひとつ違うルールが存在している。この「タイムトライアルステージ」では、丸を取得しても敵にはならないのだが、一定時間内にすべてを取得しなければならない。クリアこそ簡単だが、道筋をしっかりと考えなければならないということだ。ステージはすべて、先ほどのルールと、このタイムトライアルの二種類で構成されている。

radifluid_07.jpgradifluid_08.jpg
お助けアイテム
 更に、プレイヤーを助ける設置アイテムもいくつか存在している。キャラクターが大きくなり敵と接触してもやられなくなるものや、ワープやダッシュなどがある。うまく使えば時間の短縮が可能なので、ぜひとも活用していきたい。

やりこみ要素

radifluid_09.jpg
Xステージ
 全30ステージをクリアした後は、各ステージのスコアを伸ばし、メダルを集めていくことが主なプレイになっていくだろう。そして、一定数以上のメダルを獲得すると、隠しステージが5つ追加される。極端に難しかったり目新しいということはないが、違うステージあることは確かなので、探究心が収まらないプレイヤーは追ってみてはどうだろうか。

○ 参考記事「radiangames Fluid レビュー」
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-940.html


webbox_radifluid.jpg

radiangames Fluid 80ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:radiangames ジャンル: レース & フライト 2010/10/22

 radiangamesの第四作品。
 今回は毛色が違ったアクションゲームとなっている。そして、初のシングルプレイオンリー作品。
 タイムを一秒でも縮めながら、全35ステージのクリアを目指そう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント