The TEMPURA of the Dead 特集

boxtemplaofdead.jpg

The TEMPURA of the Dead

 今回の360インディーズゲーム特集記事は、ハチビッツファナティクス開発の『The TEMPURA of the Dead』。8bit風のグラフィックと音楽が特徴の横スクロールジャンプアクションである。配信日は2010年11月9日。値段は240マイクロソフトポイント。ちなみに、アクションゲームツクールでの製作とのこと。

xbig_totdead_01.jpg
タイトル画面
 タイトルから既にどういう内容かある程度目星がつくであろう。そして、「TEMPURA」という文字が入っていて不思議に思うだろうが、その部分もこのゲームのユニークさの表れである。

xbig_totdead_02.jpgxbig_totdead_03.jpg
ズンビーだいはっせい
 舞台は201X年の合衆国。地下からズンビーなる屍が這い出てきて、人々を襲い始めたのである。というわけで、予想通りまさしくゾンビの登場。そして、連中を迎え撃つ人物も同じくして現れる。

xbig_totdead_04.jpg
大統領とSAMURAIのコンビ
 大量のズンビー達に立ち向かうのは、合衆国大統領であるトンプソンと、侍であるスギモト。二人の能力を駆使して、この国に平和を取り戻すのがゲームの目的というわけだ。

ゲームルール

xbig_totdead_05.jpg
オーソドックスな横スクロールアクション
 このゲームはオーソドックスな横スクロールアクションである。トンプソンとスギモトはステージ中に交代することが可能なので、それぞれの能力をうまく駆使していこう。トンプソンは銃撃での遠距離攻撃が得意だが、スギモトはカタナでの近接攻撃を得意である。

totdead_tempra.jpgxbig_totdead_06.jpg
ズンビーをカラッと揚げろ!
 ズンビーは普通に倒すことも可能なのだが、飛んだ頭を10回切り刻むことによって(なぜか)天麩羅にすることが可能。こうなるとTEMPURAフィーバーとなり、以降はズンビーの頭を一度切るだけでLEFT(これは残機であり、店で使える通貨ともなるもの)が1もらえる。これを有効に使えると、プレイがぐっと楽になるだろう。ただし、一度でも頭を地面に落としてしまうとフィーバーが終了となる。

 こういった風な、何故かズンビーを天麩羅にして片付けていくという冗談を盛り込んでいる点も今作の特徴である。スクリーンショットは見ての通りノスタルジアを喚起するような8bit風で、オープニングで出てくる大統領の補佐官は鼻のでかい「ゲイツ」という人物であったり、作中に使われているBGMがどこかで聴いたことがあるような雰囲気を持っているのだ。それぞれに触るたびニヤリと出来るだろう。

xbig_totdead_07.jpg
病原体を倒せ!
 さて、そんな風にズンビー揚げを大量に作っていくと、途中で病原体をバラ撒いている敵を発見できるのだが、これらを規定数倒すことでステージクリアとなる。ちなみに、病原体を倒すと無条件でLEFTを入手できる。

xbig_totdead_08.jpg
出来れば助けてあげよう
 また、道中には逃げ遅れた人がいるので、攻撃せずに触れることで助けてあげたい。助けることができればLEFTを貰える。このように、基本的にはかなり残機が稼ぎやすいゲームとなっている。そのためか難易度は高めに設定されており、何度もやられまくって幾度も挑戦するようなゲームプレイになっている。

マップや店のシステム

xbig_totdead_09.jpg
マップ
 ステージはすべてで24存在し、クリアまではおおよそ4~6時間程度かかると思われる。ボリューム的には豊富なほうと言っていいだろう。

xbig_totdead_10.jpg
ZOM's SHOP
 道中にはショップが存在し、武器やライフなどのパワーアップアイテムを購入することが可能。どうしても難しくてクリアできないという場合、アイテムを買い揃えてから先へ進むといいだろう。逆に、腕に自信のあるプレイヤーであれば、あえて立ち寄らないということもアリか。

xbig_totdead_11.jpg
ボスステージもしっかりと存在
 特定のステージでは強烈なボスがお出迎えしてくれる。なかなか手ごわいが、パターンを見極めればノーダメージで倒すことも可能だ。また、ボスを天麩羅にすると大量のLEFTを獲得することが可能。

xbig_totdead_12.jpg
雑魚も手ごわいぞ
 敵の種類も割と豊富で、後半ステージになれば登場するズンビーも様変わりする。飛び掛ってくるカエルのようなズンビーや、ゴーストのようなズンビー(なのか?)など多種多様。何であろうと全員をTEMPURAにしてやろう。

○ 参考記事「The TEMPURA of the Dead レビュー」
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-946.html


boxtemplaofdead.jpg

The TEMPURA of the DEAD 240ゲイツ Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:JPN 8bits fanatics ジャンル:アクション & アドベンチャー 2010/11/09

 ハチビッツファナティクス製作の、8bit風横スクロールジャンプアクション。
 銃器を扱う大統領と、カタナを扱う侍をうまく使い分け、ズンビーを天麩羅にしていくというユニークな作品。
 カラッと揚げながら全24ステージのクリアを目指そう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント