2011年1月のゲーム購入予定

2010年1月

 3日ともなれば、そろそろ正月休みも終わりだという方もいるだろう。一年の始まりは常に喜ばしく語られるが、悪く見れば三百六十を超えた課題が襲い掛かってくるということでもある。世の中には誕生日を疎ましく思っている人間もいるので、年始で嫌な気分になることもおかしくなかろう。

 そんな中で、唯一心安らかな日がゲームの発売日である。地獄のような日々を潜り抜けると、そこで待っていてくれるのはあの素晴らしきパッケージ。ああ、君がいるから生きていられるのだ。

 ……というのは誇張が過ぎるが、しかし目下の目標というのは大切である。そんなわけで、今月発売されるゲームの一部をチェックしていきたい。

boxmassefe2.jpgboxarcanah.jpg

今月の注目ゲーム

○ 2011/1/13
 まずは1月13日の『Mass Effect 2』。前作からかなりの高評価を得ているSF・アクションRPGで、海外版から一年越しでローカライズ版が発売されることになった。

 RPGともなると、慣れていなければ英語を読むのは多大な労力が必要となってくる。しかもこの手の作品は専門用語や固有名詞が腐るほど出てくるわけで、海外版をプレイできる人というのは限られてくるだろう。それがこうして日本語になるのだから、実に喜ばしい話である。

 続いて、同じく13日発売の『アルカナハート3』。美少女ばかりが出てくるという2D対戦格闘で、気がつけばこれもシリーズ三作目である。公式ホームページを見ていたところ、今更ついていけないことを思い知らされた。何がって、ニッチ性癖に沿ったキャラの数が多すぎる。

boxknjoyride.jpgboxmajinto.jpg○ 2011/1/20
 そして、20日発売の『Kinect ジョイライド』。その名の通り、Kinectに対応したカーレースゲームである。早い話がXbox360の「マリオカート」なのだろう。

 しかしこのジョイライド、随分前には「無料XBLAとして配信するよ!」とかなんとか言っていたはずなのだが、気がつけばパッケージソフトになっているという有様である。アバターに対応したまともなダウンロードゲームが来ると期待していたというのに、ドリトスのほうが先に来たのだからなんというか。

 同じく20日に『魔人と失われた王国』も登場。魔人と協力しながら謎を解き敵を倒す3Dアクションアドベンチャーである。

 これは体験版を遊んだのだが、平たくいって情緒の足りない『ICO』といった所であった。アクションゲームとしては物足りないのだが、まァ本質は魔人との掛け合いや世界観を見ることなのだろう。しかし、主人公はバタ臭いどこかの漫画から引っ張ってきたようなキャラだし、魔人もこれといって可愛かったりどうこうというわけでもない。そんなわけで気の抜けたサイダーのような作品になりそうなのだが、これが杞憂であることを望む。

boxgyarugan.jpgbox_dragonage.jpg○ 2011/1/27
 27日は、個人的に嫌な思い出しかない『ぎゃる☆がん』が発売される。美少女を撃つ3Dガンシューティングなのだが、それはどうでもいい。

 東京ゲームショウ2010でこの作品のイベントを見たわけだが、水着の女性に水鉄砲を撃つというくだらなすぎるものでひどくゲンナリさせられた。それだけならまだしも、誰もがゲーム画面そっちのけでコンパニオンの女性ばかり写真に撮っていたのだから、ギャルゲーを軽蔑する人の気持ちが痛いほどわかるというわけである。単なる女好きとそう大差はあるまい。

 更にこの日は『Dragon Age: Origins』の発売日でもある。『Mass Effect 2』と同じ開発元が製作した海外で人気のファンタジーRPGだ。こちらはスパイクがローカライズするとのこと。

 この作品も気になる一品なわけだが、しかし同じ月にこうしてRPGが二本も登場するとは。もう少し気を使って離すなりして欲しかったのだが、むしろゲームのお年玉とでも考えるといいのだろう。もっとも、金を払うのはプレイヤー側だが。

買おうか迷うものについて

 これで一通りチェックは終わったが、今月もまたこれといって欲しいものはない。大晦日にXBLAの『LIMBO』を買ったりしているので、これでしのごうか。

 この中から選ぶとすれば『Dragon Age: Origins』だが、しかし来月には「アイマス2」やらも控えているので、買っても仕方ないような、時間があればやりたいような。それに、FF13でRPGはしばらくいいような。

 ともあれ、今年も買うソフトについてあれこれ悩み続けるのだろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント