100円でゾンビと戯れられるオンライン・ゾンビ・サバイバルFPS『ApocZ』、パッチ1.0が登場しまともなオンライン・マッチングが実装!

オンライン・ゾンビ・サバイバルFPSがオンラインで強制終了しなくなった

ApocZ_patch01_01.jpg
『ApocZ』パッチ1.0タイトル画面

 2014年3月下旬に、Xbox Live インディーズゲームで配信されたオンライン・ゾンビ・サバイバルFPS『ApocZ』という作品に更新が入った。以前はメニューの「Xbox Live」を選ぶだけでゲームが強制終了していたが、改善されたというわけだ。

○ Xbox360にもゾンビ・サバイバルFPS『DayZ』のクローンが登場したが、人もいなけりゃゾンビもいねえ! 『ApocZ』
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1749.html

 おおまかに更新点をまとめると
  • 「Xbox Live」を選んだ時のエラーコード4を修正
  • Xbox Liveなどでプレイする際、所持品などが失われることを修正
  • コントローラーの入力が失われることを修正
  • 車が弾丸を喰らわなかった問題点やサウンドの修正、ホスト権の譲渡を追加
などである。詳しくは公式ページのフォーラムを参照されたし。

○ Patch 1.0 (Submission date 3-31-2014) (Page 1) / Patch / ApocZ
http://www.apocz.com/forum/viewtopic.php?id=285

 基本的には不具合の修正がほとんどであり、バランスの調整は車両に関するものくらいか。とりあえず、これでようやくまともに遊べるようになったといえるだろう。

さしあたり重大なエラーコード4を修正したくらいか

ApocZ_patch01_02.jpg
ようやくホストをまともに選べる時期がきた

 とにかく、ホストを選んで部屋に参加できるようになったのが大きいだろう。パッチ前はこの画面を一秒くらいもおがめなかったのだから、いやはや。ともあれ、今までエラーコード4のせいで二の足を踏んでいた人には朗報だろう。

ApocZ_patch01_03.jpg
他人の部屋に行っても、テントや所持品、経過日数がきちんと引き継がれている

 とはいえ、修正内容を見る限りでは、ゲームプレイの根本は変化していないらしい。また、透明人間バグなどはまだ残っているようなので、更なる追加や調整、改善が期待されるところだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

恐怖! 安物オンライン・ゾンビ・サバイバルFPS『ApocZ』で、マルチプレイができてしまった!

『ApocZ』で黒人が大集合!

ApocZ_Multi_01.jpg
かろうじて記念撮影できたシーン(本当はもっと人数がいたのだが、はぐれてしまった)

 先日、Xbox Liveインディーズゲームで配信されたオンライン・ゾンビ・サバイバルの『ApocZ』というゲーム、修正予定があるものの現在はオンラインでの問題を抱えている。よって、野良によるマルチプレイが現実的ではなかったのだが、募集をかけてみたところ遊んでくださる方が集まってくれたのだ!

○ Xbox360にもゾンビ・サバイバルFPS『DayZ』のクローンが登場したが、人もいなけりゃゾンビもいねえ! 『ApocZ』
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1749.html

 今回は二日間ほど募集をしたのだが、初日・二日目ともに5人で遊ぶことができた(できれば最大の16人が欲しかったものの、これだけでも十分に集まったほうだ)。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

Xbox360にもゾンビ・サバイバルFPS『DayZ』のクローンが登場したが、人もいなけりゃゾンビもいねえ! 『ApocZ』

bbox_ApocZ.jpg

有名作のクローンが登場するのは必然であり……

 Xbox Live インディーズゲームでは、よその人気作の安価なクローンが作られて売られている。たとえば『Minecraft』のクローンはかなりの人気だし、最近ではなぜか『Flappy Bird』のクローンも出ている。

 そして、PCでは『DayZ』という人気ゲーム(厳密にはMOD)が存在する。それはゾンビのはびこるオープンワールドで生き残るF・TPSであり、つまるところどういうことかというと、この作品のクローンが登場したと書く必要もない結果に辿り着いたわけだ。

 そんなわけで今回紹介するのは、2014年3月25日、Xbox Live インディーズゲームで配信された『ApocZ』という作品である。開発はSick Kreationsで、価格は100円だ。

ApocZ_01.jpg
溢れ出るゾンビを殺しつつ、物資を集めて生き残るF・TPS

 ともあれ、ゾンビのあふれる街で恐怖に怯えながら生き残るオンラインF・TPS(一・三人称視点シューティング)であり、同時にやはり100円相応の内容なのであるが、PCでは低評価なゲームがXbox360では大ウケということもあるので、本作もなかなか人気が出そうではある。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

『Flappy Bird』をやっているとムカつくのでもう全部ぶっ潰す 『Flappy Wrecker』

bbox_FlappyWrecker.jpg

『Flappy Bird』クローンの中ではまだマシな作品をご紹介

 スマートフォンで人気を得た『Flappy Bird』が騒動を起こしたのは少し前の話だが、未だにそのクローン作品は出続けているようで、それはXbox360のインディーズゲームでも同じことである。

 しかしこの手のゲーム、鳥をふわふわと動かして障害物を避けるだけなのに難しい。それが元の作品の要素だから仕方がないのだが、クローン作品も難しくていらつく。更にクローン作品はいくつも出てくるうえ、大して変化もなく人気に追随しているのだから、血管が破裂寸前まで太くなる。

 もはや多くのプレイヤーが怒りを覚えるのを超えて呆れそうになるだろうが、少し待って欲しい。ムカつくならぶっ壊せばいいだけである。だから『Flappy Wrecker』があるのだ。

FlappyWrecker_01.jpg
『Flappy Wrecker』タイトル画面

怒りと安寧をコントロールするマッチポンプ

FlappyWrecker_02.jpg
もう見飽きすぎたゲームプレイ

 ゲームのルールは非常に簡単である。このボクセル・スタイルの鳥を操作して障害物を避けていくだけだ。

 だが、鳥には慣性が働いているうえに当たり判定も大きいので難しい。そして不毛である。だいたいなぜこんなクローン作品を今になって遊ばねばならないのか! そして爆ぜる不細工なクソ鳥。その散り際すら不快すぎて死ぬことすら許しがたい。もはや我慢の限界である。

FlappyWrecker_03.jpg
ほんの一瞬だけ怒りをポジティブにしてくれる破壊シーン

 「ファック! 何がフラッピーだ地面に落ちて死ねよやーッ!」という気分になったら、Xボタンを押してデストロイ・モードに突入し、すべてを壊すのだ。やはり破壊行為というものは素晴らしく、落ち着きや喜びが湧いてでる。ざまあみやがれこのクチビルゲのクソ鳥がッ!

 ……そしてしばらくすると、いきなり虚しくもなる。なぜわざわざマッチポンプのようなことをして怒って喜んでいるのか……。そう考えないよう、このゲームはほんの一瞬だけ触れるべきだろう。




box_FlappyWrecker.jpg

Flappy Wrecker ¥100 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:Studio Team Shuriken ジャンル:アクション & アドベンチャー 2014/03/09

 ファックな『Flappy Bird』をぶち壊す……! 的なボクセル・スタイルのクローン作品。
 エロ・アドベンチャーばかり作るチーム・シュリケンが、あのゲームのコピーに挑戦!
 「ムカつくのであの人気ゲームをぶっ壊す!」という完全なる出落ちゲームである。
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の弾幕STGに影響を受けた「スーパー キラー ホーネット」が鍛えなおして大復活ッ! 『SKH-Resurrection』

bbox_SKH-Resurrection.jpg

『スーパークレイジーキラーホーネット 特別なブラック・レーベル・エディション』が帰ってきたぞ

 今回の記事は「主観が入りすぎている」と言われるかもしれないが、それでいい。それが最も大事なのだから。

 さて、紹介するのは、Xbox360インディーズゲームで2013年2月15日に配信された『SKH-Resurrection』(厳密な正式名称は『Super Killer Hornet: Resurrection』)である。本作は簡単な算数の問題を計算しつつ遊ぶ弾幕シューティングで、シリーズ第二作にあたる。

 開発したのはFlump Studiosで、価格は300円となっている。なお、本作はSteamで先行配信されているものの、PC版は$9.99に対し、Xbox360版は300円とたいへんお買い得である。

SKH-Resurrection_01.jpg
日本のゲームに感化されて制作された計算+弾幕シューティング

 なお、今回は開発者の方からDLコードをいただき記事を書いている。つまり、僕自身が金を払って購入したわけでないということは、留意しておいていただきたい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む