ゲームもamiiboも“もふもふ感”が活かされている 『ヨッシー ウールワールド』購入

ヨッシーの新作に手を出す

YoshisWoollyWorld_00_01.jpg

 2015年7月16日に発売されたWii U用ソフト『ヨッシー ウールワールド』を購入した。無論、関連amiiboも抑えてある。

 本作は、毛糸の「ヨッシー」がさらわれた仲間たちを救出するため、さまざまなステージに挑戦するアクション・ゲームである。開発はWiiの『毛糸のカービィ』を手がけたグッド・フィールが担当しており、今度はヨッシーたちの世界が毛糸になっているというわけだ。

YoshisWoollyWorld_00_05.jpg
『ヨッシー ウールワールド』起動画面

 あみぐるみとして登場しているamiiboもそうだが、やはりこの“手芸のような印象”というか“もふもふ感”というか、そういうものが本作において大事である。ねんど風のグラフィックが特徴の『タッチ!カービィ スーパーレインボー』もそうだったが、任天堂の2Dアクションは見た目の進歩を目指しているのかもしれない。

YoshisWoollyWorld_00_02.jpg
キャラクターはすべて毛糸で、ほかの要素も手芸関連になっている

 基本的には『ヨッシーアイランド』シリーズに準じた内容になっており、アクション・ゲームとしては劇的な変化を感じることはないか。敵を飲み込んで毛糸にしたり、その毛糸を投げて敵を倒すという基本システムは相変わらずだ。毛糸ならではのギミックも用意されているだろうが、まだ序盤しか触っていないのでなんとも。

YoshisWoollyWorld_00_03.jpg
毛糸のあみぐるみなので、変形も違和感なくこなす

 そういえば、本作はふたり同時プレイに対応しているほか、ヨッシー関連のamiiboを読み込ませることにより、ひとりで2匹のヨッシーを操作できるようになる。

 それ以外のamiiboでは、キャラクターを模した色のヨッシーを呼び出すことができる。『スプラトゥーン』の「ガール」ではあの“いかTシャツ”風のデザインになるのでなかなか笑えてよい。

YoshisWoollyWorld_00_04.jpg
これまでのシリーズで見たことのあるような敵・場所も違った雰囲気になる

 僕はこれまでの『ヨッシーアイランド』シリーズに、2Dアクションとしての劇的な変化を求め続けて失望をしていることが多い。今回もその点に関しては期待できそうにないが、やはりこのあみぐるみな世界はいいものだ。効果音なんかもほんわかしており、意外と新鮮に感じるのである。

 とはいえ、甥たちが遊びたいと言っていたから買ったというのが正直なところ。僕もそこそこ楽しめればいいのだが。

○ 『ヨッシー ウールワールド』レビュー 『アイランド』の血を受け継ぐ新鮮な毛糸の世界
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1955.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

岩田聡氏が関わったゲームを「バーチャルコンソール」で遊ぶ

突然の訃報

 2015年7月11日、任天堂の代表取締役社長である岩田聡氏が亡くなった。既にニュースになっているし、ゲーム開発者や関係者の方々が大騒ぎしているのはご存知であろう。


 任天堂の新プラットフォーム「NX」が発表されたばかりであり、ただのゲームユーザーからしてもその衝撃は大きいと思われる。僕もあまりの出来事に驚いたのだから、世の中はどれほど震えたのだろうか。

 ともあれ、僕のような人間にできることは、ゲームを遊ぶくらいのものである。せっかくWii Uやニンテンドー3DSがあり、過去のゲームをダウンロードで買える「バーチャルコンソール」(以下、VC)というシステムも存在するのだ。遊びつつ思い出を語ろうではないか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

「任天堂ゲームセミナー2014」の4作品を遊んでみた ── 『ジカンサタンサ』だけは見逃すな!

今年もゲームセミナー作品の配信時期がやってきた

NinS2014_00.jpg
「任天堂ゲームセミナー2014」公式サイトより

 任天堂が学生向けに行った「任天堂ゲームセミナー2014」で制作された作品が、Wii Uで無料配信されている。2013年度のタイトルに続き、今回もなかなか見所がある作品が揃っているので紹介しよう。

 ちなみにこのセミナーは東京と大阪の二箇所で行われており、それぞれで2チーム(つまり合計4チーム)の作品が仕上げられ、配信されているというわけだ。なお、開発には「Unity for Wii U」が使われており、どれも2Dグラフィックのゲームタイトルとなっている。

かなり面白かった『ジカンサタンサ』

NinS2014_07.jpg
『ジカンサタンサ』タイトル画面

 さて、4作品はどれも見所のあるゲームだと思うが、僕の一押しはチームXが制作した“時間差アクション”の『ジカンサタンサ』である。今回の中では最も面白くかつ可能性を感じた作品であり、更に磨き上げられた製品として遊びたいと思えたものだ。


 このゲームは、ロボットの「ペンタ」を操作して周囲を探索しつつゴールを目指すという内容である。だが、“時間差アクション”というジャンル名のように、操作とペンタが動くまでに時間差があるのが特徴だ。

 まず、プレイヤーはAボタンを押しつつWii U GamePadを傾けて、ペンタの移動ルートを教えてあげるわけである。すると、その後にペンタが指示通りの動きを行うので、あらかじめうまく動きを予想してあげる必要があるわけだ。

NinS2014_08.jpg
「ペンタ」は教えられたルートをその通りに歩いていく

 この動きを予想するシステムも楽しいわけだが、さておき本作は手触りが良いのだ。ディレクターの高砂ゆい氏と浦井智崇氏も言っているとおり、本作は画面・ゲーム展開・音・振動のすべてがシンクロするように調整されている。

 たとえば、ペンタの歩調やサンゴや貝の動きは必ずBGMに合っているし、それに合わせてWii U GamePadは震えるのだ。また、ペンタの歩調は曲のリズムに合っているわけで、つまりリズムをカウントすればどれだけ歩いたかもわかるのである。

 とにかくもう、この手触りの良さが抜群に素晴らしい。これは実際に遊ばねばわからないだろう。

NinS2014_09.jpg
喜ぶ仕草などがいちいちかわいいペンタ

 そして、Wii U GamePadのジャイロ操作も上手く活かせている。確かにジャイロ操作は細かい点まで動かせるわけだが、ボタン入力に比べると自分がどんな入力をしているのか手触りでわかりづらい。それを前述のようにリズムのヒントなどで考えつつ、試行錯誤するという味わいがあるのだ。

 更に、ペンタの愛らしさの表現も立派である。指示が終わったら出発する前にこちらへ手を振ってくれるし、水から出た時に体を振るだとか、宝を見つければこちらを見て喜んでくれるだとか、なんとあざといことか!

 リトライが欲しいなど気になる点も存在するが、そのあたりは次の機会に修正してくれればいい。そう、また遊びたいと思えるほどに面白かったのだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

ぬいぐるみも手紙も爆弾も暖炉で燃やすゲーム『リトル インフェルノ』は、暖炉の暖かさと消し炭の無情を描いたのだろうか

炎がすべてを包み込んでくれるゲームを紹介

 「ただ薪が燃えるだけの暖炉」が映しだされたテレビ番組がどこかにあるそうだし、Xbox 360のインディーズゲームにも暖炉を眺めるだけのソフトがあった。家の中で火が燃えているというのは、何か特別なものを感じるのであろうか。

 Wii Uで2015年4月2日に配信されたDLソフト『リトル インフェルノ』を遊んだ。本作は、暖炉にガラクタやオモチャを投げ入れて、ひたすらに火遊びをするというだけのゲームである。

LittleInferno_02.jpg
金(紙幣)を燃やして金(硬貨)を出す

 本作は、はじめは海外でWii UやPC向けタイトルとして2012年11月に配信開始され、その後にスマートフォン向けタイトルとしても登場したあと、ようやく日本語Wii U版が登場したというわけだ。なお、開発はアメリカのインディーデベロッパ“Tomorrow Corporation”で、ローカライズは任天堂が行っている。


 いっそのこと「なんでも燃やせてしまうバカゲー」としたほうが、書くのも読むのも楽だろう。しかし、それはあくまで表面的なものであり、本作の奥底にあるのは、暖炉に対するさまざま思いではなかろうか。僕が遊び終えて思ったのは、暖炉がある生活の経験の有無で楽しさが大きく変わるのではないか? ということである。さすがに火遊びの楽しさくらいはわかるが、どうもピンと来なかった。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

『レゴシティ アンダーカバー』はあくまで“子供たちの憧れ”を描いたゲームだったか

レゴの世界で暴れまわるゲームはひとまず終わり

LegoCityUC_01_01.jpg
『レゴシティ アンダーカバー』起動画面

 Wii Uの『レゴシティ アンダーカバー』をクリアした。このゲームはクリア後からが本番なのだが、ひとまずメインとなるミッションは終えたので話をまとめておこう。

 僕が本作を遊んで思ったのは、このゲームはオープンワールドに慣れていない人、あるいは低年齢層向けなのだろうということだ。「そんなこと買う前からわかるだろ!」と言われればぐうの音も出ないのだが、やはりきちんと言うべきだろう。

LegoCityUC_01_02.jpg
主人公「チェイス・マケイン」(左)と相棒「フランク・ハニー」(右)

 『レゴシティ アンダーカバー』は警察官の「チェイス・マケイン」を操作して、脱獄犯「レックス・フューリー」を追いかけるといったアクション・ゲームになっている。しかし、前述のように不慣れな人に向けられたゲームなのか、遊んでいくとかなり気になるところがあった。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む