『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』プレイ記録 索引

これまでのプレイ記録まとめ

 ニンテンドー3DS用ソフト『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』のプレイ記録として書いた記事の一覧である。連載期間は2015年7月30日から2015年9月1日までの約1ヶ月間となった。総記事数は10+1の11記事となる。

butumori_HHD_00_01.jpg

○ 村長から新入社員にランクダウン 『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』購入
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1957.html

butumori_HHD_01_09.jpg

○ なぜ僕は会社員になったのか? 『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』01
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1958.html

butumori_HHD_02_12.jpg

○ 自分のデザインもしくは人の美的センスの謎 『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』02
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1959.html

butumori_HHD_03_08.jpg

○ なんのために仕事をするのか、その答えが出た 『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』03
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1960.html

butumori_HHD_04_07.jpg

○ しずえと一緒ならずっと仕事をしていたい 『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』04
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1962.html

butumori_HHD_05_04.jpg

○ しずえがいないと仕事のテンションだだ下がり 『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』05
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1963.html

butumori_HHD_06_13.jpg

○ 公共事業で建てた「古着屋」がニオイに敏感な住民たちに大流行 『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』06
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1964.html

butumori_HHD_07_17.jpg

○ 伝説の装備をひとつ手に入れた! 『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』07
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1968.html

butumori_HHD_08_10.jpg

○ “漢の汚部屋”でゲロを吐いてからしずえに癒やされる 『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』08
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1972.html

butumori_HHD_09_08.jpg

○ しずえと別れたくない 『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』09
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1973.html

butumori_HHD_10_11.jpg

○ 僕にとっての楽園はしずえの家だった 『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』10
http://hakotossdm.blog42.fc2.com/blog-entry-1974.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

僕にとっての楽園はしずえの家だった 『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』10

今度はしずえを“顧客”にする

butumori_HHD_10_01.jpg
しずえがいないたぬきハウジング

 ただでさえ会社に行くのは憂鬱だというのに、しずえがいないとなるとそのつらさも数億倍である。ああ、公共事業を終えたあとはもう二度と彼女に会えないのか……。

butumori_HHD_10_02.jpg
久々に「amiiboフォン」を活用する

 いや、そんなことはない。電話をして彼女に会いに行けばいいのだ。しずえ家の電話番号は知らなかったが、「きゃらぱふぇ 2015年9月号」というあやしい存在に金を詰むことにより、ついにそれを突き止めることに成功した。

butumori_HHD_10_03.jpg
電話の向こうにいるしずえ

 ダイヤルしたあと電話の向こうに現れたのは、確かにあの美しい声の持ち主である。しかし、いったい何をどう話せばいいのか混乱する。いきなり思いの丈をぶつけるのはおかしいし、かといって会社で雑談するのも……。そうか、仕事の話をすればいいのだ!

 しずえと一緒に仕事ができないのであれば、営業という形でこちらから仕事の提案をすればいい。条件を良くすれば向こうも喜んでくれるわけであり、なんという素晴らしい案なのか。こうして僕がしずえの家をデザインすることになった。

butumori_HHD_10_04.jpg
ドキドキしているしずえ

 考えてみれば、僕は数々の公共事業を手がけた一人前のデザイナーであり、その実力についてはしずえも役所も認めているわけである。そんな人物が個人の(しかも親しい相手の)家を手がけるとなれば、喜ばれないわけがなかろう。なぜこれまでこの手を思いつかなかったのか。

butumori_HHD_10_05.jpg
黄色を基調にシンプルにまとめたしずえの家

 まァ、これまで手がけた家に問題がなかったわけではないが、それはそれである。しずえの家をデザインするとなれば、極めてまともであり住みやすそうな家以外を作るわけがない。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

しずえと別れたくない 『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』09

ししおどしホール

butumori_HHD_09_01.jpg
音楽ホールの外観を設定

 ああ、恐ろしい。いや、しずえと一緒に仕事ができることはこの上ない幸せなのだが、この機会はあと2回しかないと言うのだ。もしこのデザインを終えてしまったとしたら、はたして僕はなんのために生きるべきなのか……?

 おやつにおける最後の一口が食べられない子供のような、あるいはRPGのラスボスを倒したくないというような気分と言うべきか。今の僕はそんな心境だが、しかしそれでもしずえと一緒に仕事をしよう。

butumori_HHD_09_02.jpg
ホールで「けけじょんがら」を歌うアヒル

 さて、今回作った公共事業は音楽ホールである。税金で作るホールというと文化会館とかそういうやつなのだろうが、あえてライブハウス的なデザインにしてみた。内装も割とシンプルに、スピーカーやマイク、そして大量の“ししおどし”を設置した。

butumori_HHD_09_03.jpg
自らデザインした音楽ホールに疑問を持つ様子

 なぜ“ししおどし”などを設置したのかと疑問に思うかもしれないが、答えは自動で音を出す装置がこれくらいしかなかったからである。あとはキャンプファイアーやメトロノームも置いてあり、聴覚的にはそこそこ賑やかになっている。

 確かにピアノなどさまざまな楽器を設置できることはできるのだが、本作の楽器は基本的に単なるオブジェクトである。そもそもこの音楽ホールも演奏者がひとりだけなので、とにかく賑やかしを優先したというわけだ。

butumori_HHD_09_04.jpg
しずえのテキトーすぎるコメント

 あまりにも前衛的すぎるという意見もあろうが、しずえが「アート系の施設」であると認めてくれたので問題はない。とはいえ、街のランクはむしろ下がったと考えたほうがいいとは思うが。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

“漢の汚部屋”でゲロを吐いてからしずえに癒やされる 『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』08

イカれたどうぶつたち

butumori_HHD_08_01.jpg
ガブリエルのぶっ飛んだ願い

 以前、この世界のどうぶつたちは美的センスが狂っているという話を書いたが、どうやらそれは間違いだったらしい。というのもこいつら、単純にイカれているのだ。

 たとえばガブリエルという輩は「オイラをUFOで連れ去って…強いボディに改造してほしいな…」という妄想をしており、しかもそれをホームデザイナーに頼むというクレイジーっぷりである。考えるのは自由だが、そんなものを口に出すな。

butumori_HHD_08_02.jpg
アランの「家っていうか工事現場」な家

 そして、アランというゴリラは家を工事現場にして欲しいなどと言い出す。仕事なので仕方なくデザインしたが、しかしこれはいったいなんだ!? 工事現場が好きなのは別にかまわないが、だいたいそれはものを作る途中の過程であって、そこだけを切り取るものではなかろう。

butumori_HHD_08_03.jpg
オリバーの「漢の汚部屋」

 そして、オリバーという汚カバに至っては「汚部屋」を作れなどと言うのである。いや、そもそもそういう汚れた部屋というのは結果としてそうなってしまったのであって、元から汚い部屋をデザインしろというのはなんだ。お前の脳みそが汚れきっているのではないか。

 このような住民たちの依頼をこなしていくと疲れる。連中は根本的に狂っており、なぜ僕がそのしわ寄せを受けねばならないのか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

いままでありがとう『ポケとる』。そして長くつらいニャース殴りから解放されてヤッター!

『ポケとる』をやめる

poketoru_06_01.jpg
『ポケとる』タイトル画面

 2015年2月18日から配信され、ずっと続けていた『ポケとる』をやめることにした。約半年ほど無料で遊べてありがたい限りである。

 ……と言いたいところなのだが、どうも基本プレイ無料のゲームはそう綺麗に終われないことが多いような。今回も何か目的を達成したのでやめるとかそういうのではなく、同じことの繰り返しに飽きたからやめるという話なのである。

poketoru_06_02.jpg
イベントのサファリゾーンに登場するチェリンボ

 いや、『ポケとる』自体は割とこまめにイベントを用意してくれるゲームだし、かなり親切なほうだろう。しばらくこのゲームに関して記事を書かなかったが、「サファリゾーン」といったイベントは何度も実施されている。

poketoru_06_03.jpg
レベルアップステージのクレセリア

 また、最近では「レベルアップステージ」といった上級者向けコンテンツも出てきている。とはいえアイテムを使うのに必要なコインを稼ぐ時間がないほどでなく、ほどよく期間を空けているので課金せずともついていけるという流れでもあるのだ。

poketoru_06_04.jpg
通常ステージのニャース

 客観的に見ると良質なゲームと言える『ポケとる』だが、ではなぜやめるのかというとやはり飽きたからである。実際、新たなステージが登場しているものの、それもやりたくない。そして、最近はとにかく「ニャース」を殴って金を稼ぐ必要があるため、無課金ではこいつを殴る時間がゲームの大半となるのだ。

 また、イベントもいろいろあるのだが本質的な内容は変わっていない。つまり、ニャースを殴って金を稼ぎ、イベントでその金を消耗し、そしてまたニャースを殴る……という内容の繰り返しなのだ。課金アイテムを使えば単純作業は避けられただろうが、ゲーム自体の飽きは加速したに違いない。

poketoru_06_05.jpg
新たな追加ステージ「アルプスタウン」

 MMOにも似た印象があるのだが、ひとつのコンテンツを引き伸ばすタイプのゲームは後味が悪く感じる。最初は楽しいとしても、やめる時はだいたい嫌気が差してしまうのだ。「終わりよければすべてよし」というわけではないが、後味の悪い終わりというものは良い思い出も汚すように思えてしまう。

 『ポケとる』のプレイ時間を見ると100時間ほどになっているため、おそらくそこそこ楽しめたのだろう。しかしながら、ニャースを殴り続けた嫌な思い出ばかりが浮かぶ。
このエントリーをはてなブックマークに追加