「ハンマー」でバッジとバイトを破壊セヨ 『バッジとれ~るセンター』

「ハンマー」なのはマリオ関連だからなのか?

 ニンテンドー3DS用ソフト『バッジとれ~るセンター』が2015年2月27日よりバージョンアップされた。いったい何が追加されたのかというと……。

badge_tore-ru_03_02.png
飛んできたハンマーを持ってバイトに迫るシーン

 それは「ハンマー」である。来客するなりこのハンマーがこちらへ飛んできて、それでバイトの頭をぶっ叩くという寸劇が挟まるのも相変わらずなように、実はそこまで大規模なアップデートというわけでもないのであった。

badge_tore-ru_03_03.pngbadge_tore-ru_03_04.png
「ハンマー」のふっ飛ばし具合

 とはいえ、この新アーム「ハンマー」をあなどることなかれ。バッジをぶち壊すかと思うほど気持ちよく殴り飛ばすのは、まさに物理演算を利用したゲームの醍醐味である。

badge_tore-ru_03_05.png
下のほうに残ったバッジは取りづらい側面も

 本作を「バッジを買うゲーム」として捉えるとこのハンマーは良し悪しがあるかもしれない。しかし、やはりこのゲームはバッジを取る過程も楽しめる作品なわけで、こうして新たなUFOキャッチャーの楽しみが増えるのは嬉しいところ。より“デジタルUFOキャッチャー”としての価値を高めて欲しいところだ。

badge_tore-ru_03_06.png
飛ばすだけあって大量にバッジを取れる台が多い

 今日も限定テーマやハンマーに釣られ、そこまで欲しくないバッジを大量に獲得してしまった。が、取るのが楽しかったのでなんら問題はない。

 『バッジとれ~るセンター』よ、もっと盛り上がれ。ハンマーで叩きまくるのでしずえのオリジナルバッジを出しまくれ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

100万DLを突破したらしいが、『バッジとれ~るセンター』がさらに繁盛しますように

来場者数100万突破

 2014年12月に配信された『バッジとれ~るセンター』が1ヶ月で100万ダウンロードを達成したそうだ。ダウンロード自体が無料とはいえ、バイト流に言えば「マジパネェっす」という景気の良さである。

badge_tore-ru_02_01.png
100万人突破を自慢気に語るバイト

 僕は正月以降あまり金を使っていないのだが、それでも本作が盛り上がってくれるのは嬉しいものだ。現在は『スーパーマリオ』『どうぶつの森』『マリオカート』『ゼルダの伝説』あたりがバッジのラインナップになっているが、まだまだ欲しいバッジはたくさんある。特にほかの開発が絡んでいるゲームに、だ。

badge_tore-ru_02_03.png
『ゼルダの伝説』もバッジの仲間入りを果たした

 ちなみにバイトによると、現在Miiverseへの投稿は一日に7,000件もあり、かなり反響も大きいようである。更に、3月には少しだけバージョンアップが行われるというのだから鼻息が荒くなるものよ。

badge_tore-ru_02_02.png
1月16日に追加された『どうぶつの森』台

 このゲームは、UFOキャッチャーの楽しさ、金を使って景品を取る適度な刺激、そしてキャラクターの電子グッズとしての価値が存在するという珍しい立ち位置で嬉しい作品だ。そして何より、しずえの露出が多いというのも大きい。なので、もっと繁盛してさらにしずえのバッジ出ろ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

3DS『バッジとれ~るセンター』でしずえへの情も深ま~る

「しずえ」バッジがあるというだけで高評価

badge_tore-ru_01.png
『バッジとれ~るセンター』タイトル画面

 2014年12月17日より、ニンテンドー3DSで『バッジとれ~るセンター』というソフトが配信された。


 このゲームは、「バッジキャッチャー」というものが遊べる基本プレイ無料のタイトルである。しかしビデオゲームでバッジとは何事かといえば、これはやはりデータ上の話なわけだ。

badge_tore-ru_02.png
バッジでHOME画面をデコレーションした例

 本作でバッジを手に入れると、ニンテンドー3DSのHOME画面に飾ることができる。これまでニンテンドー3DSは「テーマ機能」などに対応しカスタマイズできるようになっていたが、このバッジ・システムを導入し更なる選択肢を差し出そうというわけだ。

badge_tore-ru_03.png
「バッジキャッチャー」台の様子

 また、バッジは単純に販売するというわけではなく、前述のように「バッジキャッチャー」というゲームで手に入れるような形式になっている。これは5プレイ90円(実際のお金である)で遊べるUFOキャッチャーのようなミニゲームで、アームを使い落としたバッジが手に入るというわけだ。

badge_tore-ru_04.png
バッジ「ふゆふくのしずえ」を獲得したシーン

 現在のバッジは『スーパーマリオブラザーズ』や『マリオカート』、そして『どうぶつの森』シリーズなどに関連したものが登場している。……そう、あの「しずえ」がいるのだ!

 もはやこうなってしまえば、僕の本タイトルに対する評価はうなぎのぼり。単純にデータとして販売されても買っていただろうに、ゲームとしても楽しめるというのだからたまらない。しずえバッジだけで50種類くらいは出して欲しいところだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む