『ポケモン サン・ムーン』なぜ「リーリエ」は最後に○○○○○○へ行くのか?

新キャラ「リーリエ」に関するおはなし

pokemonSM_Lilie01.jpg

※本稿は、『ポケットモンスター サン・ムーン』に登場する「リーリエ」というキャラクターに関するコラムである。本作の物語に興味を持った方は読んでいただけると嬉しい。なお、この記事には、『ポケットモンスター サン・ムーン』におけるストーリーのネタバレが含まれているため、まだクリアまでプレイしていない方は読むべきではない。

主人公と「リーリエ」

pokemonSM_Lilie02.jpg

 『ポケットモンスター サン・ムーン』は、カントー地方から南国のアローラ地方にやってきた主人公が、ポケモンたちを集めて育てる冒険の旅に出るゲームである。主人公は4つの島を巡り、伝説のポケモンに関する大きな物語に関わりつつ成長していく。

 しかしながら本作には、忘れてはならない人物がいる。それは、金髪のロングヘアーと白い衣装が特徴的な少女「リーリエ」だ。彼女は“もうひとりの主人公”と言っても良いほどの活躍をしていくことになる。

pokemonSM_Lilie04.jpg

 リーリエは、何かと付け狙われる「ほしぐもちゃん」という不思議なポケモンを匿っている少女だ。しかし彼女はポケモントレーナーではないため、劇中では主人公に守られ同行する立場にある。

 旅を通じてリーリエは主人公と絆を深め、とある大きな事件をきっかけに、自ら主体的に冒険に挑戦するようになる。つまり、『ポケットモンスター サン・ムーン』は主人公の物語であると同時に、彼女が独り立ちする物語でもあるわけだ。

「リーリエ」というもうひとりの主人公

pokemonSM_Lilie05.jpg

 さて、そんなリーリエはエンディングでカントー地方へ旅立つ決意をする。せっかく主人公やその仲間たちと仲良くなったのに別れねばならず、ボーイ・ミーツ・ガールの終わりを迎えるといったところだろうか(いや、主人公が男とは限らないのだが)。

 ここでひとつ気になることがある。なぜリーリエはカントー地方へ行ったのか? もちろん答えは、終わりを迎えるためのシメが必要(ストーリー上の都合)であるからだ。しかし、なぜカントー地方なのか。それはカントー地方に行く意味があるからなのだが、単純にそれだけとは思えない。

pokemonSM_Lilie06.jpg

 ところで、アローラ地方が舞台の『ポケットモンスター サン・ムーン』は、『ポケットモンスター』シリーズが20周年を迎える年に出た作品だ。そして、初代となる『ポケットモンスター 赤・緑』の舞台はカントー地方である。そう、この相互関係に意味がないとは思えないのだ。

 主人公は、カントー地方から新たな土地へ進む存在だ。また、一切喋らないことからもプレイヤーの分身に近い。ひたすらに新地方を歩む姿は、新作の『ポケットモンスター』シリーズを遊び続けているプレイヤーそのものと言っても過言ではない。

pokemonSM_Lilie07.jpg

 一方でリーリエの行動は逆だ。違う次元から飛び出してくるウルトラビーストや、これまでに見られなかったリージョンフォームなどというポケモンがいるアローラ地方に住んでいたのに、逆に最初の『ポケットモンスター』シリーズの舞台となるカントー地方に行くのである。

 さて、主人公がプレイヤーそのものだとしたら、リーリエはいったいどういう立場を反映したキャラクターなのか? 僕は、彼女が“『ポケットモンスター』シリーズの決意”のようなものではないかと考えている。

少女の背中に映るものとは

pokemonSM_Lilie08.jpg

 バーチャルコンソールで配信されている『ポケットモンスター 赤・緑』をプレイした人も多いだろうが、初代はゲームボーイ時代のタイトルだけあって古臭いところが多い。この環境で育成・対戦をしろと言われても困ってしまうだろう。

 ただし、“さまざまなポケモンを集めて育てる”という基本的な部分はこのころからまったく変わっていない。いろいろと便利になり、ほかの要素も増え、ポケモンたちの総数も5倍以上になった。だが、ポケモンたちと旅をするという基礎はそのままなのだ。

pokemonSM_Lilie08.jpg

 リーリエ、つまり「新しい存在」が我々の目の前を去りカントー地方に行くということは、『ポケットモンスター』最新作が“オリジンを忘れない”と我々に伝えているかのように見えるのである。どれだけ新しくなり多くの要素が増えたとしても、カントー地方から始まった『ポケットモンスター』シリーズの根底は不変であるということを。

 『ポケットモンスター サン・ムーン』で出会った少女の背中に、この大きなシリーズの強い決意が重なって見えたのである。
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ポケットモンスター サン・ムーン』に“20年目の挑戦”を感じる

20年目の『ポケモン』最新作が登場

Pokemon_SM_00_01.jpg

 2016年11月18日に発売されたニンテンドー3DSタイトル『ポケットモンスター サン・ムーン』を購入した。『ポケットモンスター』20周年記念タイトルとなる本作は、かなりの期待が集まっているだろう。

 かくいう僕も発売日から遊んではいたのだが、どうもきちんとした休みが取れず困っていた。具体的には、本作が面白くてついつい深夜までプレイしてしまい、しんどくて仕事とこのゲーム以外のことがなんにもできなかったのである。

Pokemon_SM_00_02.jpg

 さて、本作の舞台はハワイをモチーフにした「アローラ地方」である。太陽が眩しいこの地方では、これまで出現していたポケモンたちが異なった姿で登場する「リージョンフォーム」が存在したり、謎の存在である「ウルトラビースト」が出現したりと、いろいろな新要素が用意されているわけだ。

 主人公は4つの島を巡り、一人前のポケモントレーナーになるための冒険を繰り広げていく。……わけなのだが、20周年記念作品だからかいろいろと気合が入っているのも特徴である。

Pokemon_SM_00_04.jpg

 まず、本作はバトルの難易度がなかなか高めである。前作となる『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』は“ボタン連打でクリアできる”と揶揄されるほど低難易度だったが、今回はタイプ相性やパーティーの構成を考えないと負けるケースも多い。

 もちろん理不尽な高難易度ではないが、ひさびさに歯ごたえのあるゲームプレイになっていて何よりだ。多くの人が遊ぶゲームだけあって、ストーリー上のバトルが退屈なのは致し方ないと思っていただけに。

Pokemon_SM_00_05.jpg

 また、ストーリーのほうもなかなか楽しい。“ほしぐもちゃん”という名の不思議なポケモンを持つ「リーリエ」、謎の人工ポケモンを連れた「グラジオ」の存在など、キャラクターも物語を重視したデザインになっているようだ。話の筋も、テキトーに悪の組織を倒すだけではない。

 低難易度でわかりやすすぎる物語というのが多くの人に受け入れられるであろう作品、というのもわかるのだが、正直なところそれに退屈さを感じるのも事実である。今回はそういったものではなく喜ばしい限りだ。

Pokemon_SM_00_03.jpg

 ところで、僕が最初にパートナーとして選んだポケモンは「モクロー」なのだが、いきなり色違いが出てきて驚きを隠せなかった。ここまで特別感のある色違いも珍しいものよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

『The Last of Us Remastered』は“完璧にゾンビ・サバイバルの世界に没入できるゲーム”であった

脅威のストーリーテリング

TLoU_01_01.jpg

 PS4で発売されている『The Last of Us Remastered(以下、ラスアス)』をクリアした。前々から評判は聞いていたが、噂に違わずものすごいゲームであると言えよう。

 『ラスアス』はNaughty Dogが開発したサバイバル・アクション・ゲームである。……ジャンルとしての表記は確かにそうなのだが、ゲームシステムなどは割と二の次で、最も注目すべきは没入感を損なわないムービーとゲームプレイであろう。

TLoU_01_02.jpg

 このゲームでは、主人公「ジョエル」、共に旅をする少女「エリー」のふたりが、寄生菌の発生により危機的な状況に陥った世界でどのように生きていくのかが丁寧に描かれている。映像とゲームプレイの繋ぎにまったく違和感がないところは特に驚いたが、キャラクターの表情・喋りも見事というほかなく、操作できないシーンの長さも適切で、褒め始めたらキリがないほどだ。

TLoU_01_03.jpg

 ところで、記事のタイトルには「ゾンビ」という単語を使ったが、本作ではそう呼ばれることはなく「感染者」と言われる存在が出てくる。呼称が違うのはいくつか理由があるだろうが、ひとまず本作の感染者という存在は、ゲームの雑魚敵のような“単なる殺すべき存在・障害物としてのゾンビ”ではないのだ。

 では、感染者はなんのために存在するのかといえば、“極限状態をいかに生きるか”ということを描写するための舞台装置的な役割を担っているのであろう。この世界は人間を襲う感染者がいるせいで、生存者たちですら物資を奪い合う敵になる。そんな世界で必死に生き残ることに、どのような意味があるのだろうか──? 大雑把に言えば、本作のテーマはそれだ。

TLoU_01_04.jpg

 ジョエルは過去の後悔から、エリーは孤独への恐怖から、協力してある目的を遂行するために旅を続けていく。ふたりの旅はまさしく現実離れした過酷さだが、それは人間が生きていくうえでの普遍的な過酷さでもあるといえよう。

TLoU_01_05.jpg

 ビデオゲームを遊べるほど裕福な環境にいる人間には縁遠い話に見えるかもしれないが、そうではない。生きるということは他人の食い扶持を奪うということであり、何か大事なものを守るということは他人の命を脅かすことにすらなりうる。文明がいくらかマシな方法を考えてはくれるが、根本的な部分は変わらない。

TLoU_01_06.jpg

 ふたりの旅路は、我々が目を逸らしている事実を見せつけてくるのである。生き残るためには、強くナイフを突き立てねばならないということを。
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新Xbox 360インディーズゲームのおためし版(体験版)雑感

11/7
SolaroidsPrologue_ss.jpg

Solaroids: Prologue ¥300 Xbox.com詳細ページ
デベロッパー:DynF/X Digital ジャンル:懐かしのゲーム 2016/10/25

 出遅れすぎるにもほどがある全方位シューティング。オフライン4人プレイに対応。

 慣性が強いタイプのシューティングで、アイテムを拾いつつ隕石などを破壊しまくるというシンプルな内容だ。デモで遊べる部分は、ため息が出そうなくらいにシンプルすぎる。
 しかし、Xbox LIVE Indie Gamesは既に新作が配信終了となったはずなのだが……。出来は悪いというほどではないものの、やはり「プロローグ」という感じで、最後にこんなタイトルが出てくるところにこの市場らしさを感じる。

※Xbox LIVE Indie Gamesは2016年9月9日で新作リリースが終了するはずなのだが、なぜか本作はその後に配信された。


*2016年度のアーカイブはこちら → (Xbox 360インディーズゲーム 2016年の新作
このエントリーをはてなブックマークに追加

『The Last of Us Remastered』をもらう

噂の大作をようやく遊ぶ

TLoU_00_01.jpg

 誕生日プレゼントとして、PS4タイトルの『The Last of Us Remastered』をいただいた。ゲームをもらうのは……、いや、誕生日プレゼントをもらうのはいつぶりのことであろう。

 本作は「Naughty Dog」が開発したサバイバル・アクション・ゲームである。寄生菌の発生により荒廃したアメリカが舞台となっており、主人公の「ジョエル」が「エリー」という少女を守るため、感染者や人間たちと戦いを繰り広げるといった作品である。

TLoU_00_04.jpg

 2年前の作品なのでかねてから本作が立派であるとは聞いていたが、どうも遊ぶタイミングが掴めなかった。しかしこのところはゾンビ映画やらドラマを見ており、しかもPS4も廉価版やらが登場するなどの状況もあって、ちょうど良いと手に取ることになった。

 それにしても『The Last of Us Remastered』はものすごい作品だ。キャラクターの息苦しそうな表情や荒れ果てた世界の描写、ステルス系アクションでありながらストレスを排除したゲームプレイ、過不足のない語りなど、僕が今更言うまでもないだろうがとにかく見事だ。

TLoU_00_03.jpg

 はじめてすぐに手汗をかくゲームは実に久々である。ひとまずのんびりとクリアを目指し、その後は最高難易度を実況配信しつつプレイする予定だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加